迷子のインコ、保護してくれた警察官に自分の住所を伝え無事帰還!

  • 投稿:2012年05月04日

  • カテゴリ:動物

  • タグ:


神奈川県の相模原市で起こった凄すぎる事件!
読売新聞によると、このインコは、同市緑区橋本の主婦高橋文江さん(64)が飼っている「ピーコ」(オス、2歳)で、2年前の母の日に長男からプレゼントされ、かわいがっていたという。

高橋さんは4月29日午前7時頃、鳥かごの入り口をうっかり開けたままベランダにつるしてしまい、約1時間後、いなくなっていることに気付いたという。同7時半頃、約50メートル離れたJR橋本駅近くのビジネスホテル前で、宿泊客の肩に止まり、相模原北署に届けられた。

同署で世話をしていたが、1日朝になって突然、「ピーチャン」と話し、同日午後には「サガミハラシ ハシモト」と住所も話し始めた。職員数人が注意深く見守っていたところ、同8時頃には、高橋さんの住所を末番まで一度だけ話したという。

同署員は翌2日朝、ピーコが話した住所を訪ね、高橋さんが飼い主と確認した。

高橋さんは、「前も飼っていたインコを逃がしてしまったことがあったので、住所を覚えさせていた。帰ってきてくれて本当に良かった」と喜んでいた。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧