厚生労働省調べ、タバコを吸う人は低所得者が多いと判明。更に、高所得により女性の肥満率が下がる!?

  • 投稿:2012年02月10日

  • カテゴリ:生活

  • タグ:


毎日ニュースで取り上げられた厚生労働省の調べによると

世帯収入 600万円以上の喫煙率 男性27% 女性6.4%
世帯収入 200万~600万喫煙率 男性33.6% 女性8.8%
世帯収入 200万円未満の喫煙率 男性37.3% 女性11.7%

と言う、収入別の喫煙率を量った所低所得者の喫煙率がやや多い事が判明しました。
また、女性の体重でも収入別で差が出ているようで

世帯収入 600万円以上の肥満率 女性13.2%
世帯収入 200万~600万肥満率 女性21.0%
世帯収入 200万円未満の肥満率 女性25.6%

と明らかに肥満と見られる率に違いが出ておりました。
ここからは、777newsの独自の意見ですが上記データについては、何となくわかるきがします。貧乏暇なしという言葉もあるように低所得者の方が忙しく生活改善や習慣改善、健康管理に時間やお金を使う余裕が無いように思われます。逆に高収入になればなるほど金銭的に余裕が出るので幅広い趣味をもてたり、健康改善に時間を割く余裕が出てくるのではないかと思います。

逆にいえば、生活改善や、習慣改善、ダイエットを成功させればお金持ちが近づいてくる?そう思うと生活改善やダイエットなど、がんがん時間をさいてしたくなってきますね!!!


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧